古典和歌stream

風吹けばとはに浪こす岩なれや
わが衣手のかわく時なき

歌の意味
風が吹くので、いつまでも浪に越えられる岩なのでしょうか。私の袖はいつも涙に濡れて乾くときがありません。
鑑賞
百八 風吹けば

 歌は女が男の無情を恨んで詠んだ。

 風が吹くと立つ波は男のうつろいやすい気持ちのことだろう。女は自身を海の岩にたとえて、いつまでも涙が乾かないという意味である。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌