古典和歌stream

浪間より見ゆる小島のはまびさし
久しくなりぬ君にあひ見で

歌の意味
波間から見える小島の浜辺に漁師の家の廂(ひさし)が見える。あなたに会わないで久しく時がたってしまった。
鑑賞
百十六 はまびさし

 ある男が特に理由はないけれど、奥州地方への道を辿りながら行った。
歌は都にいる愛しく思う人に詠んで送った。

 都にいた男が女を思いきれないまま陸奥へ出かけて、都から離れた土地で心を整理して素直な心情を詠んだのだろう。

 「はまびさし」は浜辺にあるひさしのことで、久しとの掛詞。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌