古典和歌stream

むつましと君は白浪瑞垣の
久しき世よりいはひそめてき

歌の意味
あなたに対して親しい気持ちを持っていると、あなたは知らないだろうがこの海岸に白浪が寄せ神社に垣根がめぐらされた遠い昔から、みかどの御世を祝福しはじめていた。
鑑賞
百十七 岸の姫松

 歌は天皇が詠んだ「我見ても久しくなりぬ住吉の岸の姫松いくよへぬらむ」を受けて住吉の神が姿を現して詠んだ。

 天皇が歌で住吉の松を褒め称えたことで、住吉の神が姿を現した。古代の民話のような要素が感じられる。

 白浪は「知らない」との掛詞。
 瑞垣(みづがき)は神社を囲む垣の美称である。「久し」の枕詞で「浪」と「みづ(水)」は縁語。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌