古典和歌stream

鶯の花をぬふてふ笠もがな
ぬるめる人にきせてかへさむ

歌の意味
鶯(うぐいす)が梅の花を縫って作るという梅の花笠がほしいものだ。濡れている様子のあなたに花笠をかぶらせて帰らせたい。
鑑賞
百二十一 鶯の

 ある男が、後宮の凝華舎から雨にぬれて退出する人を見て詠んだ。

 凝華舎は宮中の後宮五舎の一つ。壺(建物に囲まれた中庭)に梅が植えられているので梅壺(うめつぼ)と呼ぶ。

 濡れて退出してくる人はおそらく若い女性なのだろう。男のあたたかな好意が詠まれている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌