古典和歌stream

鶯の花をぬふてぬ笠はいな
おもひをつけよほしてかへさむ

歌の意味
鶯(うぐいす)が花をぬって作るという梅の花笠はいりません。あなたの思いをつけてください。火で濡れた着物を乾かして感謝の思いを返しましょう。
鑑賞
百二十一 鶯の

 ある男が、後宮の凝華舎から雨にぬれて退出する人を見ていた。
 歌は男が詠んだ「鶯の花をぬふてふ笠もがなぬるめる人にきせてかへさむ」に対する返歌。

 思「ひ」と「火」を掛けて詠まれている。男の笠をかぶせてやりたいという好意に親切にこたえている。
作者
出典
伊勢物語
sponsored

その他の歌