古典和歌stream

空蝉の世にもにたるか花ざくら
さくと見しまにかつちりにけり

歌の意味
花桜は儚いこの世の中によく似ている。咲くかと思って見ていたら散ってしまった。
鑑賞
巻第二 春歌下

 はかなく散る桜の花に人生の無情を重ねて詠んでいる。作者自身に何か感じることがあったのか、嘆いているように聞こえる。

 空蝉(うつせみ)は現身(うつしみ)から転じたもので生きている体などの意。「世」「身」「命」「人」に掛かる。蝉の抜け殻の文字当てて儚いこの世の意味を当てるようになった。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌