古典和歌stream

ごとならばさかずやはあらぬさくら花
見る我さへにしづ心なし

歌の意味
桜の花よ、こんなことならば、なぜ咲かないでいられないのか。見ている私までも落ち着いた心でいられない。
鑑賞
巻第二 春歌下

 桜の花の散ったのを詠んだ歌。

 散る桜の花を惜しむあまりに、こんなに落ち着かない気持ちになるくらいなら、いっそのこと咲かないでくれと嘆いている。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌