古典和歌stream

久方のひかりのどけき春の日に
しず心なく花のちるらむ

歌の意味
日の光がのどかな春の日であるのに、落ち着いた気持ちもなく桜の花が散っているようだ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 桜の花が散るのを詠んだ歌。

 百人一首にも入った有名な歌。上の句の穏やか春の陽射しと下の句の桜が花を散らせているのを対比させている。

 久方の は「光」にかかる枕詞。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌