古典和歌stream

春風は花のあたりをよぎてふけ
心づからやうつろふと見む

歌の意味
春風は花の咲いているあてりを避けて吹いてくれ。桜の花が自分の意思で散りがたになるのを見定めようと思う。
鑑賞
巻第二 春歌下

 東宮の帯刀陣(たちはきのじん。東宮の警護にあたる詰め所で武芸に秀でたものが選ばれた)で桜の花が散るのを詠んだ歌。

 桜の花が風に吹かれて散っていくのを見て、風が吹かなければいつまで咲いているだろうかと考えて趣向をめぐらせて詠まれている。
作者
藤原好風
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌