古典和歌stream

雪とのみふるだにあるをさくら花
いかにちれとか風の吹くらむ

歌の意味
桜の花が風もなく雪のように静かに散るのさえも惜しいというのに、どのように散れといって、風が吹くのだろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 桜の花が散るのを詠んだ歌。

 桜の花が風に吹かれて散るのを見て、風が無くても静かに散るのさえも惜しいと考えたのだろう。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌