古典和歌stream

春雨のふるは涙かさくら花
ちるををしまぬ人しなければ

歌の意味
春雨がしとしとと降っているのは人の泣く涙だろうか。桜の花が散るのを惜しまない人はいないのであるから。
鑑賞
巻第二 春歌下

 桜の花が散るのを惜しんだ人が泣いた涙を春雨と見立てて詠んでいる。または春雨が桜の花を散らすので人が泣くのか。

 他本には、仁和中将の御息所の家にて歌合せの時に呼んだ歌とある。
作者
大伴くろぬし
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌