古典和歌stream

いつまでか野辺に心のあくがれむ
花しちらずは千世もへぬべし

歌の意味
いったいいつまで春の野辺に心を惹かれるのであろうか。花さえ散らなければ千年もたってしまいそうだ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 春の歌として詠んだ。

 美しい花が次々と咲き、散ってしまうので心が休まる時もない。花が散らなければ限りなく憧れ続ける事ができるだろうと、花を愛する心が詠まれている。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌