古典和歌stream

花のごと世のつねならばすぐしてし
昔は又もかへりきなまし

歌の意味
毎年めぐって来る花のように、この世が不変であるならば、過ぎてしまった過去もまためぐって来るものを。
鑑賞
巻第二 春歌下

 花は散りやすく儚いものと思われるが、毎年同じように咲く。その点から考えると、儚いと思った不変であり人生の方がはかなく無常と考え詠んだのだろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌