古典和歌stream

吹く風にあつらへつくる物ならば
このひともとはよぎよといはまし

歌の意味
花を吹き散らす風に注文をつけるのならば、この一本だけは避けて吹けと、言おうものを。
鑑賞
巻第二 春歌下

 吹く風に、この花だけは避けて吹いてくれと、頼んでもしょうがないことと知りつつも頼まずにはいられない心情が詠まれている。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌