古典和歌stream

まつ人もこぬ物ゆゑにうぐひすの
なきつける花ををりてけるかな

歌の意味
待っていた人も訪れてもくれないのだから、鶯のとまっていた花を折ってしまったことよ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 おそらくは男女の仲であった女は、男が訪ねて来るの心待ちにしていたが来ることはなかった。鶯のとまった花の枝は見て楽しむものだが、苛立ちのせいか折り取ってしまったのだろう。

 注釈には在原業平の訪れを待っていた染殿后(そめどののきさき)の歌としている。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌