古典和歌stream

春霞色のちくさに見えつるは
たなびく山の花のかげかも

歌の意味
春霞の色がさまざまに見えるのは、霞のたなびいている山に咲く花の色が映ったのだろう。
鑑賞
巻第二 春歌下

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌。

 霞に色がついて見えるのは咲く花の色が透けて見えるからだろうと、霞に隠された山の情景を想像して詠んでいる。
作者
藤原おきかぜ
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌