古典和歌stream

霞立つ春の山べはとほけれど
吹きくる風は花のかぞする

歌の意味
霞の立ちこめた春の山々は遠く、花は見えないけれど、吹いてくる風には花の香りがすることよ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌。

 遠くの春の山々には花が咲き誇っているのだろうが、霞が立ちこめて見ることができない。しかし山から吹く風は花の香りを運んでくる。実際には遠くの山の花の香りが届くとも思えないが、花を思いやる気持ちがそう感じさせたのだろう。
作者
在原元方
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌