古典和歌stream

鶯のなくのべごとにきて見れば
うつろふ花に風ぞふきける

歌の意味
うぐいすの鳴いている野辺に着て見ると、すでに散りかけた花に風が吹きつけていた。
鑑賞
巻第二 春歌下

 うぐいすが鳴く声に誘われて行って見ると、花が散りかけていて、さらに促すように風が吹きつけている。
 うぐいすが花が散るのを嘆いて鳴くのも無理はないと詠んでいる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌