古典和歌stream

花のちることやわびしき春霞
たつたの山のうぐひすのこゑ

歌の意味
花が散るのが侘びしいのであろうか、春霞の立つ竜田山のうぐいすの鳴く声は。
鑑賞
巻第二 春歌下

 仁和の中将の御息所(みやすどころ)の家で歌合せをしたときに詠んだ歌。

 作者が花の散るのを侘びしく感じるので、うぐいすの鳴き声もそのように感じるのだろう。

 たつたのやま、竜田山は現在の奈良県生駒郡三郷町の西方の山で、紅葉の名所である。
作者
藤原のちかげ
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌