古典和歌stream

こまなめていざ見にゆかむふるさとは
雪とのみこそ花はちるらめ

歌の意味
馬をつらねて、さあ見に行こう。故郷ではまるで雪のように花が散っているだろう。
鑑賞
巻第二 春歌下

 故郷でみられる花吹雪の景色を見ることへの気持ちが詠まれている。昔から知っている素晴らしい眺めには胸が躍るものなのだろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌