古典和歌stream

をしと思ふ心はいとによられなむ
ちる花ごとにぬきてとどめぬ

歌の意味
惜しいと思う私の心は糸によれてほしいものだ。そうすれば散る花の一つ一つを糸で貫きとおしてとどめておこうものを。
鑑賞
巻第二 春歌下

 仁和の中将の御息所(おんやすどころ)の家で歌合わせをしようとした時に詠んだ歌。

 花の散るのを惜しいと思う抽象的な心を具体的な糸に結び付けて詠んでいる。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌