古典和歌stream

春ののにわかなつまむとこし物を
ちりかふ花にみちはまどひぬ

歌の意味
春の野辺で若菜を摘もうとして来たのに、散り乱れる花で道に迷ってしまった。
鑑賞
巻第二 春歌下

 寛平の御時の后宮の歌合の歌。

 大げさな表現であるが、視界を遮るほどの花が散っている様子が詠まれている。
 
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌