古典和歌stream

やどりして春の山辺にねたる夜は
夢の内にも花ぞちりける

歌の意味
宿をとって春の山のほとりに泊まった夜は、夢の中でも花が散っていた。
鑑賞
巻第二 春歌下

 山寺に参詣したときに呼んだ歌。

 昼間見た散る花がよほど印象的だったのだろうか、夢の中で散る花というのは幻想的な情景である。「春の山辺にねたる夜」がいっそう鮮明にしている。
作者
紀貫之
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌