古典和歌stream

わがやどにさける藤波たちかへり
すぎがてにのみ人の見るらむ

歌の意味
わたしの家に咲いた藤の花を人々が引きかえし、通りすぎかねてみているようだ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 わたしの家に藤の花が咲いたのを人が立ち止まって見ていたのを詠んだ。

 趣向をこらさずに、ありのままを様子を詠んでいる。よほど素晴らしい藤の花なのだろう。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌