古典和歌stream

花ちれる水のまにまにとめくれば
山には春もなくなりにけり

歌の意味
花が散って流れている川をさかのぼって、花を求めて来たところ、山には花もなく春さえもなくなっていた。
鑑賞
巻第二 春歌下

 三月の晦日(つごもり)ごろに山を越えたとき、山中の川に散った花が流れていたのを詠んだ。

 山越えのときに、渓流に散った花が流れているのを見て、山中には花がまだ残っているのだろうと、山深く入ったが、春の気配さえもなくなっていたと、季節の移ろいを詠んでいる。
作者
深養父
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌