古典和歌stream

こゑたえずなけやうぐひすひととせに
ふたたびとだにくべき春かは

歌の意味
うぐいすよ、声が絶えないように鳴け。一年に二度と来るはずの春であろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌

 一年のうちに春は二度と来ないのだから声が絶えないように鳴き続けよと、うぐいすに呼びかけている。春も残り少なくなった暮春の歌である。
作者
藤原おきかぜ
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌