古典和歌stream

とどむべき物とはなしにはかなくも
ちる花ごとにたぐふこころか

歌の意味
とどめておくおことができるものではないのに、むなしくも散っていく花に心がひかれてゆくことだ。
鑑賞
巻第二 春歌下

 三月の晦日(つごもり)に、花摘みから帰って来た女たちを見て詠んだ。

 女たちが摘んだ花をそれぞれ持っているが、所詮は摘んだところで散ってしまうのだから空しいはずなのに、それでも心がひかれるのでつんできたのだろうと詠んでいる。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌