古典和歌stream

けふのみと春をおもはぬ時だにも
立つことやすき花のかげかは

歌の意味
春を今日かぎりと思わない時でさえも、花の咲いている所から立ち去ることが容易であろうか。
鑑賞
巻第二 春歌下

 亭子院(ていじいん)の歌合せの春の果ての歌。

 春の終わりでなくても花のもとからは立ち去りがたいが、春の終わりの日には一層その思いが強くなると詠んでいる。
 古今和歌集の「春歌」を春の果ての日の歌で終えている。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌