古典和歌stream

さ月まつやま郭公うちはぶき
今もなかなむこぞのふるごゑ

歌の意味
五月になるのを山で待つほととぎすよ。羽をうち振って今も去年のあの鳴き声で鳴いて欲しいものだ。
鑑賞
巻第三 夏歌

 五月にならない今でもほととぎすの鳴き声を聞きたいと、ほととぎすに話かけるように詠んでいる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌