古典和歌stream

郭公はつこゑきけばあぢきなく
ぬしさだまらぬこひせらるはた

歌の意味
ほととぎすの初声を聞くと、どうにもならないと思いながら相手が決まらず人恋しくなる。
鑑賞
巻第三 夏歌

 ほととぎすが初めて鳴いたのを詠んだ。

 ほととぎすの初声を聞くと考えてもどうしようもないが、人恋しい気持ちになると詠んでいる。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌