古典和歌stream

夏山になく郭公心あらば
物思ふ我に声なきかせそ

歌の意味
夏山で鳴くほととぎすよ。思いやる心があるなら物思いに沈む私に、そんな悲しい声を聞かせてくれるな
鑑賞
巻第三 夏歌

 物思いにしずんでいる時に、たまたまほととぎすの悲しそうな声を聞いた。その声を聞くと、いっそう物思いがつのってくるので声を聞かせるなと語りかけている。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌