古典和歌stream

郭公なくこゑきけばわかれにし
ふるさとさへぞこひしかりける

歌の意味
ほととぎすの鳴く声を聞くと別れさってしまた故郷さえも恋しく思われる。
鑑賞
巻第三 夏歌

 ほととぎすは昔を思い出させるもので、鳴き声を聞くと親しくしていた人だけでなく故郷までも思い出されると詠んでいる。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌