古典和歌stream

五月雨に物思ひをれば郭公
夜ふかくなきていづちゆくなむ

歌の意味
さみだれの降る夜に物思いしていたところ、夜が更けてからほととぎすが鳴いて飛びすぎたがどちらの方角をさしてゆくのだろう。
鑑賞
巻第三 夏歌

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌。

 雨音が聞こえる夜にほととぎすが鳴いて飛び去った。
 夜なので辺りは暗闇で見えないのだろうが音で情景が詠まれている。ほととぎすが飛んで行った方向を自分の悩み事に例えているように考えられる。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌