古典和歌stream

夜やくらき道やまどへるほととぎす
わがやどをしもすぎがてになく

歌の意味
夜が暗いせいか道に迷ったほととぎすが、私の屋敷を過ぎかねて鳴いている。
鑑賞
巻第三 夏歌

 寛平の御時の后宮で歌合に番(つが)われた歌。

 ほととぎすの鳴き声はいつまでも聞いていたいものであり、飛び去ることもせずに鳴いているのを心ひそかに喜んでいるのだろう。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌