古典和歌stream

むかしべや今もこひしき郭公
ふるさとにしもなきてきつらむ

歌の意味
昔の事が今も恋しいのだろうか、ほととぎすは昔住んでいたこの地にばかり鳴いて来るようだ。
鑑賞
巻第三 夏歌

 以前に住んでいたところでほととぎすの鳴いていたのを聞いて詠んだ歌。

 ほととぎすが、昔住んでいたところで鳴くのを聞いて、昔のことを懐かしく思い出しているのだろうと詠んでいる。昔を懐かしむのは作者自身で、ほととぎすに自分の気持ちを託している。
作者
みぶのただみね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌