古典和歌stream

郭公我とはなしに卯の花の
うき世の中になきわたるらむ

歌の意味
ほととぎすが私と同じ身の上でもないのに、いやな世の中を鳴きながら飛んでいるようだ。
鑑賞
巻第三 夏歌

 ほととぎすが鳴いていたのを聞いて詠んだ歌。

 ほととぎすが鳴いて飛ぶ様子を詠んでいる。「うき世」とほととぎすは思わないので、作者と同じ身の上でもないのにと解釈できる。

 
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌