古典和歌stream

夏と秋と行きかふそらのかよひぢは
かたへはすずしき風やふくらむ

歌の意味
夏と秋がすれちがう空の通り道では、片方は涼しい風が吹くのだろうか。
鑑賞
巻第三 夏歌

 六月の末日に詠んだ歌。

 夏が終わり、秋の空気を感じる頃に詠んだ歌で、作者の空想を言葉にしている。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌