古典和歌stream

年ごとにあふとはすれどたなばたの
寝るよのかずぞ少なかりける

歌の意味
毎年逢いはするけれど、一年に一度のことであるから織女と彦星が共に寝る夜は少ないことだ。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 七月七日の夜に詠んだ歌。

 特に誰かの視点からというのでもなく、訴えるものが少ない。
 前出の「契りけむ心ぞつらきたなばたの年にひとたびあふはあふかは」の並びから一年に一度しか逢えないのはつらいと同様の趣向なのだろう。
作者
凡河内みつね
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌