古典和歌stream

こよひこむ人にはあはじたなばたの
ひさしきほどに待ちもこそすれ

歌の意味
私は今夜訪れる人に逢うつもりはありません。七夕のように長い間、待つようになってしまうから。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 「待ちもこそすれ」の部分は元永本では「あえもこそすれ」となっており、これが原形だろうという見方もある。「あえ」には「あやかる」の意味もあり、七夕のように一年に一度しか会わないようになってしまうと縁談を断るようなシチュエーションで詠まれたのだろうか。
作者
素性法師
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌