古典和歌stream

ひとり寝るとこは草ばにあらねども
秋くるよひはつゆけかりけり

歌の意味
独り寝をする私の寝床は草葉ではないけれども、秋が来る夜は草葉のようにしっとりと濡れていることだ。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 おそらくは女性が詠んだ歌と思われる。寂しさに泣く涙で寝床が草葉が夜露で濡れるように寝床が露っぽいことだと詠んでいる。いわゆる見立ての歌で寝床を濡らす露は人を待って泣く涙の事で、孤独な夜ならなおさらだろう。

 草葉・露・秋はすべて縁語である。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌