古典和歌stream

いつはとは時はわかねど秋の夜ぞ
物思ふことのかぎりなりける

歌の意味
いつと物思いをしない季節はないけれど、秋の夜こそ物思いの極限であることよ
鑑賞
巻第四 秋歌上

 是貞親王家の歌合せに番われた歌。

 物思いという行為を詠んだ歌で秋の夜こそ際限の無い物思いに耽ると歌っている。物思いの原因はこの歌から知ることはできないが、秋という季節に観念的に結び付けれているようだ。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌