古典和歌stream

秋の夜の月のひかりしあかれば
くらぶの山も越えぬべらなり

歌の意味
秋の夜の月の光が明るいので、暗いという名の暗部山も越えてしまえそうだ。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 月景色を詠んだ歌。

 実際には足元が危なくて夜中に山越えなどするはずもないのだろうが、越えることができそうと思わせるほど月が明るい夜を詠んでいる。
 山の名の暗部と月の光の明るさを対比させている。

 暗部山は貴船山説、鞍馬山説などがあるが所在不明。歌枕である。
作者
在原元方
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌