古典和歌stream

秋の夜のあくるも知らず鳴く虫は
我がごと物や悲しかるらむ

歌の意味
秋の夜が明けるのも気づかないで鳴く虫は、私と同様に悲しい思いをしているのだろうか。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 是貞親王家の歌合せに番われた歌。

 秋の夜を長い時間に例えている。悲しみのために長い夜を泣き明かした作者は虫の鳴き声に気づいて自分と同じ心境なのだろうかと詠んでいる。
作者
藤原敏行朝臣
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌