古典和歌stream

秋の夜は露こそことに寒からし
草むらごとに虫のわぶれば

歌の意味
秋の夜は寒く、露はとくに寒いのであろう。露の降りたどの草むらでも虫が辛く思って鳴いているのを聞くと。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 夏の夜にも露は降りるが、初句の「秋の夜は」で夏の夜露との違いを感じさせる。また「草むらごとに」の句でいろんな場所で虫が鳴く夜の情景をよく表している。
 「わぶ」は侘ぶで鳴き侘びているの意味。作者が虫が鳴いている理由を寒さのせいだと考えたのだろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌