古典和歌stream

ひぐらしの鳴く山里のゆふぐれは
風よりほかにとふ人もなし

歌の意味
ひぐらしの鳴く山里は夕暮れ時になると風が吹くだけで訪れる人もない
鑑賞
巻第四 秋歌上

 山の中で誰も訪れる人もいないと嘆く、物寂しい歌である。夕暮れ時と相まって人恋しさも募るのだろう。
作者
よみ人しらず
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌