古典和歌stream

秋風に初雁がねぞ聞こゆなる
たがたまづさをかけて来つらむ

歌の意味
秋風に乗って初雁の鳴き声が聞こえてくる。誰の消息を持ってきたのだろうか。
鑑賞
巻第四 秋歌上

 是貞親王家の歌合せに番われた歌。

 中国の前漢の時代に胡国に捕らわれた蘓武(そぶ)が雁に手紙を託して漢王に届いて、無事帰国することが出来たという故事に基づいて詠まれている。
作者
紀とものり
出典
古今和歌集
sponsored

その他の歌