古典和歌stream

伊勢物語

空の雲のように遠く離れているのは、あなたが身をおいている山の風がはげしく吹いて私を寄せ付けないからです。

詳細を見る

伊勢物語

あなたのために折ったこの枝は、春でありながら秋と同じで私の思いのように紅くなっている。

詳細を見る

伊勢物語

私が家を出て行ってしまえば、軽薄なことだと世間の人は言うかもしれない。私たち夫婦のことを世間の人は知らないので。

詳細を見る

伊勢物語

いとしいと思う甲斐もない夫婦の仲だった長い年月を、不誠実な関係を持って私は暮らしていたのだろうか。そんなことは全くなかったのに。

詳細を見る

伊勢物語

あの人は出て行ってしまったが、そうは言っても私のことをなつかしく思っているのだろうか。あの人の面影が幻となっていよいよ見えてくる。

詳細を見る

伊勢物語

今となっては二人の関係も終わったのだから忘れてしまおうと言って、忘れてしまおうと忘れ草の種を心に蒔くことだけは、あなたの思いどおりにならないでほしい。

詳細を見る

伊勢物語

せめて私が人を忘れる草を植えるとだけでも聞いたなら、忘れられず苦しむほど、あなたのことを思っていたと気づきもするだろう。

詳細を見る

伊勢物語

私があなたのことを忘れるだろうと疑われたことが、以前そうであったよりもずっと悲しくなる。

詳細を見る

伊勢物語

中空にわき立つ壮大な雲が跡形もなく消えてすまうように、我が身が頼りなく空しくなってしまった。

詳細を見る

伊勢物語

つれなくひどいと思いながらもあなたを忘れることができないので、一方では恨めしいと思いながらやはり恋しいのです。

詳細を見る

伊勢物語

お互いに夫婦となったうえは心ひとつにして、川中の島で水が分かれ流れても、また合流して絶えることなく流れるように、二人の仲も耐えることのないようにしたい。

詳細を見る

伊勢物語

長い秋の夜を一夜と見立て、八千夜も共に寝れば飽きることもあるのだろうか。

詳細を見る

伊勢物語

長い秋の千夜を一夜にしたとしても、言葉は語りつくせないで夜明けを告げる鶏が鳴くことなってしまうでしょう。

詳細を見る

伊勢物語

丸井戸の上に組んである井戸枠の高さに及ばなかった私の背丈も、あなたに会わないでいるうちに高くなったろう。

詳細を見る

伊勢物語

あなたとどちらか長いか、ずっとくらべていたおかっぱの髪も今では肩のあたりを過ぎて長くなってしまった。しかしあなたではなく、誰が私の髪上げをしてくれることができるだろうか。

詳細を見る

伊勢物語

風が吹くと沖に白波がたつように不安で心細い竜田山を夜中にあの方は一人で越えているのでしょうか。

詳細を見る

sponsored