古典和歌stream

古今和歌集 - 藤原良房

年月がたったので、私は年をとってしまった。しかし美しい花を見ていると何の心配もない。

詳細を見る

古今和歌集 - 在原業平朝臣

この世の中にまったく桜の花がなかったならば、あわただしく散ることもなく春はさぞかしのどかであろうに。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

ほとばしる急流がなければよいのに。美しい桜を見ない人のために川向こうの桜の花を折り取って来ようものを。

詳細を見る

古今和歌集 - 素性法師

ただ見ただけで人に話すことができようか、この桜の花を折り取って帰りのおみやげにしよう

詳細を見る

古今和歌集 - 素性法師

はるかに都の方を眺めると、柳の緑と桜の紅とを混ぜ合わせた都こそ春の錦であることよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀とものり

桜の花は色も香りも昔と同じように咲くだろうが、年をとった人はいつしか姿が変わってしまうことよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀貫之

だれが尋ねもとめて言って折り取ったのだろうか。春霞が一面に立ち込めて隠していた山の桜を。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀貫之

桜の花が咲いたらしい。山あいから見える白雲はまさしく桜の花であろう。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀とものり

吉野山のほとりに咲いている桜の花は、雪ではないかと見違えてしまったものよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 伊勢

桜花よ、春の日が多い年だけでも人の心にもう十分であると思われるようにしないのであろうか。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

桜の花ははかなく散るので薄情であると言われているが、その花でも一年に何度も来られないあなたが来るのを待っていたのであるよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 在原業平朝臣

もし今日訪れることができなかったら、明日は雪となって散ってしまおうものを。もし消えないでいても、それは花と見ることができようか。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

散ってしまったならば、いくら恋慕ってもかいはないのであるから、今日こそ桜花を折るならば折ってしまおう。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

桜の花を折り取るのは惜しく思われる。ここに宿を借りて散るまで眺めよう。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀有朋

濃い桜色に着物を染めて着よう。やがて桜は散ってしまうであろうが、その後の思い出のよすがとなるように。

詳細を見る

古今和歌集 - 凡河内みつね

私の屋敷の花を見るついでに訪ねてくる人は、花が散ってしまったあとには来てくれないのでしょうか。さぞ恋しく思われる。

詳細を見る

sponsored