古典和歌stream

伊勢物語

あなたがいる辺りを遠く見続けてじっとしていましょう。雲よ、たとえ雨が降っても大和との間にそびえる生駒山を隠さないでほしい。

詳細を見る

伊勢物語

あなたが来ると言った夜ごとに、来てくれないので待ちぼうけのまま、むなしくすぎてしまう。このごろは当てにはしていないけど、恋しつづけながら時を過ごしている。

詳細を見る

伊勢物語

三年の間を待ちくたびれて、今夜こそは新しい人と共に過ごすのです。

詳細を見る

伊勢物語

押したり引いたり、たわめたりしながら何年もの間に私があなたにしたように新しい夫を愛し仲良くしなさい。

詳細を見る

伊勢物語

あなたが私の心を引こうが引くまいが、昔から私の心はあなたに寄り添って離れないでいたのに

詳細を見る

伊勢物語

私は愛しているのに、同じようには私のことを思ってくれないで離れ去ってしまう人を引き止めることができなくて私は今、消え果ててしまう。

詳細を見る

伊勢物語

秋の早朝の野原で露に濡れた笹を分けた袖よりも、あなたに逢はないで一人寝をする夜の方がずっと涙で袖が濡れる。

詳細を見る

伊勢物語

海松布(みるめ)も生えない海岸と同じで見る所もない私を知らないのか、離れず漁師が足を引きずってやってくる。

詳細を見る

伊勢物語

思いがけず袖のところで、まるで港の水が荒れて波立つような騒ぎだ。大きな中国の船が港に寄港しただけのことで

詳細を見る

伊勢物語

私くらい物思いをする人はほかにいないだろうと思ったが、たらいの水面の下にもいた。

詳細を見る

伊勢物語

盥(たらい)の水の取入れ口のところに私の姿が映っている見えるのでしょうか。田に水を引き込む取入れ口のあたりでは蛙さえ声を合わせて鳴くもので、私もあなたと声を合わせて泣いているのだ。

詳細を見る

伊勢物語

どうしてこのように逢う時が得がたくなってしまったのだろうか。水の漏れるすきまもないように固く契りを結んでいたものを

詳細を見る

伊勢物語

美しい花を見ても飽きることはなく、いつまでも見ていたいという嘆きは花を見るといつもあったが、今日のこの夜のように強く思うことはこれまでになかった。

詳細を見る

伊勢物語

あなたに逢うことは玉と玉の間の紐のように短く思えて、なかなか逢ってくれない無情な心はいつまでも長く続いて見えるでしょう

詳細を見る

伊勢物語

罪もない人を呪うようなことをすると、忘れ草が自分の身に生えて人に忘れさられてしまうという

詳細を見る

伊勢物語

昔の織物の糸をつむいで巻き取った糸玉から糸を繰り出すように過去を今にしたいものだ

詳細を見る

sponsored