古典和歌stream

古今和歌集 - 伊勢

見る人もないような山里の桜の花は、他の桜の花が散ってしまってから後に咲いてほしいものよ。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

春霞がたなびく山に咲いている桜の花は、色が次第に変わってゆくが散ってしまうのだろうか。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

桜の花はきれいさっぱりと散るのが見事なのだ。世の中はいつまでもあると、その果てはいやなものになってしまうのだから。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

この里で私は旅寝してしまいそうだ。桜花の散り乱れているのに迷って家路を忘れて。

詳細を見る

古今和歌集 - よみ人しらず

花桜は儚いこの世の中によく似ている。咲くかと思って見ていたら散ってしまった。

詳細を見る

古今和歌集 - 惟喬親王

桜花よ、散るならば散ってしまえ。散らずにいても故郷の人々が見に来ることもないのだから。

詳細を見る

古今和歌集 - そうく法師

桜の花が散っている所は、春なのに雪が降りながら、しかも消えづらいようである。

詳細を見る

古今和歌集

この美しい桜の花を散らす風の居所を誰か知らないか。知っているなら私に教えよ、行って恨もう。

詳細を見る

古今和歌集

さあ、桜の花よ、私もいっしょに散ってしまおう。一盛りを過ぎてしまえば、人々に嫌な様を見られるであろう。

詳細を見る

古今和歌集

桜の花を一目見て帰ったあなたが戻ってくるかもしれないと、一日だけ待ってみて、それで来ないなら、そのあとは散るならば散ってしまってくれよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 藤原よるかの朝臣

家の中にこもっていて春が過ぎてゆくのも知らない間に、心待ちにしていた桜の花も、散ってしまった。

詳細を見る

古今和歌集 - すがのの高世

枝からもはかなく散ってしまった花であるから、落ちてからも水の泡となっていることよ。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀貫之

桜の花よ、こんなことならば、なぜ咲かないでいられないのか。見ている私までも落ち着いた心でいられない。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀貫之

桜の花はそれほど速く散ってしまうともおもえない。人の心こそ風も吹く間に変わるものだ。

詳細を見る

古今和歌集 - 紀とものり

日の光がのどかな春の日であるのに、落ち着いた気持ちもなく桜の花が散っているようだ。

詳細を見る

古今和歌集 - 藤原好風

春風は花の咲いているあてりを避けて吹いてくれ。桜の花が自分の意思で散りがたになるのを見定めようと思う。

詳細を見る

sponsored